イラスマブログ【イラスト作成、日記】

可愛いオリジナルイラストを作成しています。イラスト作成依頼はメールでお願いします。satoyui0325♥gmail.com

絵本作家・詩人 やなせたかし

アンパンマンの生みの親。やなせたかしさん。

  

さびしそうな一冊の本―詩集 (1980年)

私は高校生の頃、おばぁちゃんの家でこの本を発見して以来やなせたかしさんがだいすき。

この本は詩集なんです。

やなせさんと言えば、「アンパンマンの人」が世間のイメージだけど、アンパンマンが売れた時やなせさんはもう60歳だったんです。

やなせさんは漫画家を若い時からずーっと目指してきて、でも食べていけないから、ほかにグラフィックデザイナーとか、脚本家とかいろんな仕事と兼業してきて、そのなかで詩人としての活動もしていたんです。

やなせたかし詩画集「希望」

やなせたかし詩画集「幸福」

 

このへんの詩がとくに代表的なもの。

いくつかやなせさんの詩集を読んだけど、このさびしそうな一冊の本は一番のお気に入り。

残念ながらもう廃盤なのだけど、ほかの本ではまだ売ってる詩集もあると思います。

見かけたらぜひ見てみてください。

 

アンパンマンの世界―やなせたかし作品集

やなせたかし (らんぷの本)

もうひとつのすきなところは、幼児向けでないときのイラスト。

実はこういう絵もすごくお上手。

やさしさとさみしさの両方を感じる絵で、やなせさんの本をたくさん読んだ私としてはとても彼らしい絵でだいいすきです。

 

あんぱんまんとばいきんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 43)

でもやっぱりすごいのはアンパンマン

こどもはぜったいに夢中になってしまう魔法のえほんです。こどもというのはまた新しいこどもに変わってゆくのに、毎回みんなだいすきになる。これってとてもすごいこと。おとなに認められるより、とても幸せなことだと思う。こどもはなんの色眼鏡もなしに、ただその作品を認めてくれるわけですから。

 

 

  

 

アホラ詩集

アホラ詩集